スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年09月16日 [16:22] 【バイク関係日記】 

旅帰還報告ッ!

★とりあえず、簡単な旅報告★

ただいまデス!
ていうか、予想してたよりもずいぶん短い旅でしたが、帰還しました!w


レポートは、明日から順次更新していくことにします。


ルートはまずは、予定通り、R171で、神戸→大阪北部→京都→滋賀にぬけました。
で、ここで、1号線のトラックの多さにイライラして鈴鹿越えを決行(笑)
鈴鹿スカイラインで、鈴鹿峠を走破して、三重の四日市に出て、再び1号線で名古屋入り。
で、名古屋で休憩中、白川郷いってみようかな、とかっていう謎の寄り道を考える。東海道横断はどうした(笑)
で、北上し、岐阜に突入し、地道でひたすら白川郷へ。
これが1日目。
2日目は、白川郷で、のんびり大自然と集落を満喫。
その後、東海道北陸自動車道を使って白川郷を脱出し、富山を経由して、ひとまず金沢西まで高速で移動。
高速代は1600円、ケチりすぎ(笑)
敦賀までパスすれば、4時間は短縮できたものの…(爆)
で、地道を延々走り、R8、R503と夜の日本海側を爆走し、琵琶湖西を暴走族の群れに突撃したり、京都ナンバーのワゴンRにぶちきれながら南下し、京都に出て、R171を80スープラ&ポルシェと一緒に、ワイルドスピードごっこ(死)しながら帰ってきて…


そのまま呑吐いきました(大バカ)


呑吐に降りた瞬間は、眩暈してぶっ倒れましたけど、スパークリングで1人祝杯したり、みんなと話したり、空き缶捨てるDQNを、半シャツに、ツーリング装備のままのボルドールでお見送り(死)にいったりしてるうちに元気になり、3時30分、無事家に帰還したのでした。


2日間の総走行距離は850km…


大台の1000km以上、1日500kmオーバーへは、全然届かず、あはははorz


2日目はもっと、早めに出て距離稼げば500いきそうだったんですけどね~…白川郷でエンジョイしすちゃってましたよ(笑)


距離を稼ぐために、舞鶴方面からR173とかつかって兵庫県縦断してやろーかとかも考えましたが、舞鶴との分岐の時点で既に22時とかだったので、さすがにやめときました(´▽`;)
無茶して、何かあったら、そっちのほうが後々きっつい…。

しかも、まぁ、走行する場所の7割方が全てワインディングロードだったなぁ…市街地走れよって(笑)
でも、この重装備状態のボルドールでこんだけの距離走れたら、上出来かな~、良い自信ついたかも★




★得たものは…★

ありましたね、確実に。
あの時反対おしきって、小雨ふる夜の中一瞬、収まったのを見て「今だ!」と神戸を出してよかったとおもいます。
あのあと2日間、晴れてたのはホント奇跡的…。



-知らされた器の小ささ-

1週間行く!といって、旅に出たのですが、2日で帰ってきたのは、台風のことがあって親から明日には帰ってきてたほうがいいと思うといわれたのがきっかけ;
最初は、もちろん強行してそのまま、白川郷から高山→上高地(長野)、→関東へと進もうと思っていたのですが、2日目で白川郷の自然を見ててふと思ったんですよね。


「―――世間や、世界って、こんな広いんだ。それを急ぎながら、しっかり見るなんて……、できるわけないね」って。


こんな小さな国の日本だけでも広く感じ、大きい世界や、大自然がある中でビルの群れの中にこそこそとせせこましく生きてる自分がなんか「あぁ…小さいなぁ、自分って~…」と感じてしまった。

そう、別に目標を達成しなくても、本当のルートから外れた寄り道にも、こんだけすばらしい出会いと、景色、時間があったじゃないか。
それだけで、充分すばらしいことなのに、それを焦ってしまっては、なんかもったいないな…と、心から感じた。

小さい器だと、小さい物事しか見えてこない。
考え方は人それぞれだろうけど、自分は、そんな人間にはなりたくない、イヤだ。
だから、大きくならなくちゃいけないだろうって。
この大自然のように、世界のように、広く、深く、ゆるぎないような人間に。

その瞬間、なんか、凄い満足した気分になって
「帰らなくちゃ、まだまだ次がある」
って思いました。

なんか、ちょっぴり自分が大きくなれたような感じがした瞬間だった。

そう、今ばかり、見ないで。もっともっと先の広いものを見て。
ちっぽけな、視界しかもたない人間だけど
世界は、もっともっと広い。
目にうつるものだけが真実じゃない。
真実は、きっと心が知ってる。
自分の感じたその心が、きっとその人だけのゆるぎない「真実」

――もっと、大きなはずの自分を探す、終わりなき旅
(Mr.children 終わりなき旅より)




-無駄なことなんて、ひとつもなかった。-

そう、まずは、寄り道でそんなことが気づけた事にまず意味がありますよね。
そして、その時満足して帰ったから、通ることのないはずの道を通って、そこのすばらしい景色とかにも出会うこともできました。

予定を変更して、本来から離れたことをしたり、違う道を歩んでも、その事が決してムダになるなんてことは、1つもありませんでした。

夜になってからいった日本海も、景色が見えなかったけど、漁火が幻想的だった、昼には見えてないものが見ることができた。
そして、昼にもまたこようという、次への目標も見つかった。
東海道だってそう、また次に行くことができる。
寄り道だって、遠回りだって、全然いけないことじゃなかった。

宿泊日数が短くなったことは、-だけじゃなくて、新たなきっかけも作ってくれたし、いい事をいっぱい運んでくれた。
ほとんど使わなかった、1週間分の荷物もそう。
これだけの荷物を積めばどういうバイクが動きをするかわかったし、1週間の荷物を持っても、自分はちゃんとバイクで300~400kmは走れることだってわかった。

全ては自分の「経験」として、価値ある何かになってくれた。
達成できた目標、そして経験から自分が心に得たものは、「自信」として、揺るぎの無い輝きを持つ。
そして、達成できなかったことや、新たな発見は「次への道」を示してくれる。

そう、無駄なものなんて、決して無かった。

未来を捨てない限り、目の前だけを見なければ、きっとこの世
界は意味がある物にあふれてる。
もちろん、そこに生きる私たち人間にも。
どんな薄汚れた世界で生きても…未来を諦めない限り。







-次の旅へ-
また、再び旅に出よう。
今回得た自分の心に宿る「宝」を、磨いて、さらに手に入れたいから。
スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
うまい、やすい、はやい――。あの吉野家の牛丼が18日に「復活」する。
テレビで「ツユダク好き宣言」をした歌手の華原朋美さん(32)もその一人。「こくのある味が大好き。ずっと豚丼を代わりに食べていましたので、18日は当然、並んでも食べます」
⇒ http://kanransyade-ransya.com/
2006/09/16(Sat) 18:24:54 | URL | さん #-[ Edit.]
『おー』 
いい旅をされたようで。
私の中では走った距離や土地の知名度なんて
旅には全然関係ないと思ってますー
「寄り道こそ旅!」って気がしますよー
とりあえず無事帰ってこれて良かったですね!
おそい書き込みですがf^^;
2006/09/19(Tue) 22:02:25 | URL | ミノさん #8iCOsRG2[ Edit.]
『ヽ('ヮ'*)ゝ』 
そうですね~!良い旅してきました(´▽`*)
距離は…そうですね、でもみんないっぱい走り回ってるので負けたくないのですよ(笑)
知名度は関係ないですよね!なんにもないところに、意外な発見あったりでいい感じです(´▽`)
寄り道こそ旅…確かにそうですよね、計画通りに進まずに、風ふくままに、あちこちいくのもまた魅力がありました(´▽`)
とりあえず、なんとか無事でしたヽ('ヮ'*)ゝ

書き込みありがとうございます~
2006/09/19(Tue) 22:35:09 | URL | れいさん #-[ Edit.]
絵本・児童書・図鑑を探すなら http://www.leslieshomes.com/200162/208866/
2008/09/17(Wed) 18:39:07 | URL | さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。