スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月04日 [18:46] 【CB400R-Seraph-格納庫】 

足回りセッティング完了!

とりあえず悩むに悩みまくって最終的なセッティングが出たので、報告しますヽ('ヮ'*)ゝ
悩むに悩んで、いろいろと今回でわかったことがあったので、その試したパターンを紹介します、ボルドール乗りの方は参考になるかわかりませんが、どうぞ参考にしてください(´▽`)

【ノーマル状態】
ボルドールのノーマルは、スーパーフォアに比べて少し柔らかめになっています。
扱いやすく、疲れず、まっすぐ走るっていう感じな街乗り楽なツアラー系の足です。
また、曲がってる最中も、カウルのおかげで前がスーパーフォアに比べて安定してるので、コントロールしやすい感じです。
ただし、フロントが重いのは良いことだけではなく、峠などでは前が沈みすぎるという弱点も出ます。

【セッティングパターン】

パターン1-前>後-

前=ノーマルorしなやかさが残るほどの硬め
後=イニシャルレベル4or5

基本的に、よく寝るセッティングになります。
曲がる時は前をブレーキで前を沈ませてきっかけ作り、旋回中はアクセルあけてリアタイヤで曲がる感じに。
旋回性だけで言えばベストなセッティングです、サーキットやジムカーナで本領発揮しそう。乗り心地はSS(YZF-R1)に似ているとか。
ちょっとしたコーナーでもリアタイヤをばっちり端まで使ってコーナリングすることができます。
ただし、路面の悪さには気を使いますし、曲がりやすいですが、路面が悪かったり、バンクさせすぎると、リアが一気にスリップダウンするかもしれません。
リアが硬くなるほど、ソリッド感は増しますが、よく曲がります。


パターン2 -前=後-

前=しなやかさが残る硬め
後=リアイニシャル4

しなやかさが残る硬めを作るには、リアイニシャル4とちょうど同じようなぐらいのバランスで作ると良いと思います。
基本的に、仕様的にはノーマルのバランスをそのまま硬くした感じです。
ぶっちゃけ曲がりません、このセッティング。
ワインディングロードにはちょうど良いかもしれませんが、タイトな峠は辛いと思います。
ただし、悪路にもそれなりに対応できるし、何より直進やコーナー中の安定性は最高です、高速ツー向け?
峠ではFタイヤにやたらと負担がかかってしまうセッティングでもあります…。
ピュアにツアラーにするだけならこのセッティングも有りかと…。


パターン3(最終的なセッティング)-前>後-

前=しなやかさが残る硬め
後=イニシャルレベル2or3

で、最終的にうちが選んだのがこのセッティングです。(リア2)
フロントが硬いため直線も安定してるし、ブレーキング、旋回時も安定度があります。
そして、街中が乗りやすいです、アクセルやブレーキのオンオフでリアサスがアクティブに動くので、減速は安定しつつも、旋回もしやすい感じになってます。
コーナリングですが、スパスパ寝るようなパターン1に比べると、方法も違うし、そこまでソリッドさはないですが、逆にきっかけ作れば安定して、しっかり曲がることができます。
コーナー中に、リアをしっかり沈めることで、コントロール性がとても良いです。
ふにゃふにゃで、動いて落ち着かない感じもするんですが、実はちゃんと制御さえできてれば、かなり、鋭く曲がることもできたりします。
スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
へ~、足回りのセッティングって奥が深いんですね

僕は一度もダイヤルを回したことがないですね。
勇気が無いんです(T.T)
2006/10/05(Thu) 00:06:46 | URL | とっちゃんさん #-[ Edit.]
『』 
結構泥沼ですけどね…
しかし、コツをつかんで、良いセッティングが出たときはひじょーに感動ものです^^
まぁ、今に不自由感じないならノーマルがたぶん1番なのかもしれません・・・
2006/10/05(Thu) 14:17:02 | URL | れいさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。