スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

2006年12月12日 [21:23] 【バイク関係日記】 

パンク…そしてCB走行不能

ついにこの日が来てしまったかっていう感じです…CBが完全に走行不能状態に…・゚・(ノД`)・゚・

昨日夜、まりと約束してたルミナリエ見に言った後、西神に向かって走っている最中にそれは起きた…。

なんか、突如「パァン!」という謎の音。

なんかひいたかな?とか思ってて、大して気にせず走ってました。
何度か、こんな音がして、パンクしたかな!?とかおもったけど、たいがい轢いた時の音だけで、パンクなんてすることはあまりなかったので…


で、西神戸有料にのって、しばらくしてから顔に雨があたった気が…

しかし、まりに聞くと「雨はふってない」とのこと。

気のせいかと思って走るも、どうしても雨がポツポツきてる気がしてしかたない。
その時、ふっと何か気になって、最寄の総合運動公園のコンビニに立ち寄る。

「なにかおかしい、ふってないのにふってるように感じるし、嫌な予感がする。」

そして、ガレージにバイクを止めてバイクを見るも水滴は無い…、しかも雨も降ってない。
やっぱり気のせいかなと思って、バイクを動かした時…


!?


タイヤが重い!!!


えぇ、ここで発覚となりました…。
とりあえず、時間も時間なので、まりはひとまず地下鉄で帰ってもらい、うちはJAFを呼ぶ事に…。
ツーリング時なら、修理KIT積んでるんですが、普段はつんでないんですよねぇ…常備したいけど、そんなスペースないし;

ひとまずタイヤを見る・・・どこが刺さって…てあった。

288103269_193.jpg



…クギでかい!!!!Σ(´□`;)

288103269_54.jpg


え、いや、直径1cm以上あるんですけどこれ!?
もちろん、それにあけられた穴も大穴…。
うっわ…これは酷い…。

288103269_92.jpg



で、30分後にJAF到着。
とりあえず、パンク修理を手早く、適格にしてくれるJAFの人。やっぱすごい…24時間いつでもサポートしてる仕事っていうのと、あとメカニックっていうのはやっぱりスゴイ事だなぁって思った…。
うちも、是非あぁいう職人的な何かを見につけたいなぁ…。

で、ひとまず穴をふさいでもらうものの、応急手当にしかすぎない状態。また明日空気が抜けていたらもう完全にタイヤは交換しなくてはいけないとのこと。

ひとまず、その状態でスローペースを維持しながらバイパスなどを使ってなんとか帰宅…。

そして、朝起きたらエア抜けてました。リアタイヤ、ご臨終です…。

…今思えばよく、これだけですんだなぁ・・・って思います:
以前、Benly90に乗ってたときは、六甲山でパンクして、そのままコーナーで転倒しましたからねぇ…。


しかも、今回はタンデマーまでいるのに、よくノントラブルで、しかもちゃんと駅前まで運んでくれたなぁ…と。
あの雨のように感じた何かは…CBがそれを教えてくれたとしか言い様の無いぐらいに良いタイミングだったし。
その後も、エア漏れしながらもよく家まで運んでくれたというか…ほぼ奇跡的というか;

本当に…助かったというか、CBに助けられた…良い子です、ホントに。
主人とその友達を、必死に最小限の被害で護ってくれた。


…で、タイヤは現在放置中です。
必死に走ってくれたCBのためにも速く治してあげたいのですが、正直、タイヤを修理してやるお金がないので…。
親が貸してくれるといってるんですが、ただえさえ借金返すのが大変なのにこれ以上借りると、もっと生活に圧迫かかるし、もう、そもそも「お金を借りたくない」ですね。ぶっちゃけ、親にわがままいってるよーなもんだし、むこうがその気がなくても…。

しばらく頭を悩まさなくちゃいけないみたいです、どうするか、もしタイヤ入れるとすれば何を入れるか(とりあえず、ミシュランのパイロットロードか、パイロットスポーツ、もしくはダンロップのGPR100の3つが候補)などなど…。

これからしばらく、CBに乗れない日々が続きそうです。
2号機とセレナで代用かな…。


あ、あと憎きささったクギは、記念に大切にしてます(ぇー

Comment:4 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年11月23日 [23:25] 【店主れいの日記】 

和歌山旅行いってきました(´▽`)

最近、ずっとバイクネタだったので、たまにはこっちで、他の旅行記でも・・・。

11月22、23日と親の26回目の結婚記念日ということで、和歌山は串本までいってまいりましたヽ('ヮ'*)ゝ

しかも、我が家にしては珍しい電車の旅行です(´▽`)

まぁ、ぶっちゃけ和歌山は通称「陸の孤島」とまでいわれるぐらい、アクセスが不便なところなんですよ・・・。ていうのも、直線距離でみればそうでもないんですが、紀伊半島のほっとんどは実は「山」で、移動しようとおもえば、ぐるーーーーっとまわって海沿いに移動しなくちゃいけないんですよ。
ので、はっきりいって、名古屋はもちろん、ある意味東京いくより大変な場所なんです、和歌山(´д`;)

さすがに、1泊2日でそれはしんどいので、電車でGOでした。

阪神電車で、まずは大阪梅田。そこからJRで新大阪に。

061122_1047~0001.jpg

061122_1046~0001.jpg


これは、特急サンダーバード。雷鳥っていうやつですね、富山のほうにいきます。うちも、何回か乗ったことあるんですが、景色も、綺麗、乗り心地も良い、内装も良いお気に入りの特急です。
なによりカッコイイし(*´ω`*)

061122_1049~0001.jpg

これが、和歌山方面に行く特急のオーシャンアロー。でもうちがのったのは、これじゃなくて

061122_1101~0001.jpg

こちらの特急スーパーくろしお。何が違うのかは、いまいちよくわかりません;たぶん、車両の違いかな・・・。

新大阪や大阪はいろんな特急が止ります。あ~、あんな遠いところまでいくんだな~っておもうと、わくわくがとまりません(*´▽`*)
あの高速道路でPAに止ってる心情とまったく同じ・・・、れいは変な子ですから(滅

----------くろしお車内--------------

・とりあえず、このスーパーくろしおは、ひたすら狭い・・・(椅子とか)

・やたらよく揺れます、酔いました、えぇ_| ̄|○

・↑車両というよりは、路線的にカーブばっかです。

・椅子の下のヒーター熱すぎ!!・゚・(ノД`)・゚・

・ぶっちゃけレカロのバケットシートのほうが乗り心地いいんじゃないかなと(マテ)

・電車がやっぱり古いし、それにともなって駅もすっごい古い!味があってGood

・なんだけど、窓から見える景色が案外単調;
海はまだ綺麗で、見ごたえあるのに、海以上に山に入ることが多くて、ひたすら田舎道を走るだけで、変化が皆無・・・。

・ちなみに串本まで3時間15分、かなりかかります。

・れい、その間CD聞きながらHONDAスタイルを読破(笑)HONDA熱がさらに向上。やっぱり、シビックかインテグラが欲しくなる。

・NSXは無理ぽ(´д`;)

・カブのツーリング特集がやってて、旅行中にもかかわらず、ツーリング行きたい症候群に襲われる(何)

・父親も同様

・あきれる母(爆)

・で、HONDAスタイルを読破し、すっかりHONDA熱が向上したところで串本駅到着。

ひたすら、オバさんの喋り声がうるさい3時間の旅でした(´;ω;`)

061122_1416~0001.jpg


本州最南端・・・いや~、すっかり端っこまできちゃいましたねぇ(´▽`*)

で。なんかチェックインまで早かったので、ぶらぶらっと海岸線を歩いてたのですが・・・驚いたことが1つ。

く、車の年代が古い!!Σ(´□`;)

なんか、FITがものすごい最新車種にみえるぐらいに、90年代の車が多く、まだ現役ではしってるんですよ…、果てはCITYとか、TODAY、旧カローラとか、ローレル、カムリとか…。
ていうか、トヨタの古いお店の看板見ると、MR2とか書いてるし!!!
古い、古いよ!!!Σ(´д`;)
まぁ、そこで車で判断するあたりがなんとも車好きってところなんでしょね、あはは(´▽`;)

そして、車以上に目についたのがいろんな看板。

061122_1431~0001.jpg


南海大地震もそーでしょうが、やっぱり港で、津波はとてつもなく怖い災害でしょうからねぇ;この間も北海道でありましたが…。
れいが住む神戸は瀬戸内海なので、比較的穏やかなものでしょうけど、こういう、太平洋側では直撃ですもんね(・ω・;)
いやはや…怖いものです。

061122_1442~0001.jpg

和歌山市民の切実な願い…。いや、これはホント必要です;
だいたい、高速が使えないっていうのが致命的すぎるというか…。
地元住民もさることながら、観光客もだいぶ楽になるでしょうねぇ。
はやく、高速道路を串本や、白浜までいくようにしてあげてください;


で、そんな数ある看板の中のMVPが、コレ。



061122_1442~0002.jpg




 な ん の 冗 談 だ Σ(´□`;)


え、ていうか背負ってるのはチリホウキで…手に持ってるのは

ウ○コバサミ!?(失礼

あまりに生態が謎だったので、ぐぐってみましたら

---デニズマン---
 遥かな銀河宇宙バァルク星から、子どもたちに夢と希望を与えるためにやってきた未来戦士デニズマン。トビウオをかたどった特徴的な顔、青を基調とした身体に、赤いマントとマフラーを身につけています。串本町の観光イベントや、幼稚園・保育園の催し、各種啓発活動などに登場し、行事を盛り上げていきます。

 ※「デニズ」はトルコ語で、「海」、「バァルク」は「魚」という意味があります。
----------------
え、未来関係なくない!?ていうか未来戦士が

ホウキとウ○コバサミはないでしょう!?Σ(´□`;)

いや・・・こ、これは、さすがに無理ありすぎっ!!!
なんか、なんか、こういうのを非難するのあまり好きじゃないけど・・・


さすがにセンスなさすぎです・・・(遠い目)


まぁ、こんな面白いものもありたしたけど、街をぶらぶら歩いているととても良い景色がいっぱいでしたよ^^

061122_1444~0001.jpg


港町らしい良いワインディングロードです(爆)
バイクできたら、気持ちよさそ~・・・(´▽`*)
来るまでが悲惨ですけど;

061122_1508~0001.jpg


いかにも港町ですよね(´▽`)漁村って感じ。

061122_1510~0001.jpg


そして、そういうところには、カブがよく似合う・・・w

061122_1513~0001.jpg

061122_1515~0001.jpg


で、ここが串本名所のひとつ、橋杭岩ですヽ('ヮ'*)ゝ
串本から大島に向かって、40余りの岩柱が立っていて、海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭だけが立っているように見えるから、こういう名前だそうです。
その昔、弘法大師と天の邪鬼が賭をして、一夜にして立てたという伝説も伝わっています。
いや~、なかなか綺麗でした。自然の神秘というものを感じましたね;
誰が作ったでもなく、自然とできた、この雄大な景色に驚かされました。

で、ここいらで一通り記念撮影したあとは、宿泊先のホテルへ!
今回は、浦島ハーバーホテルというところに泊まって来ました。


-------------浦島ハーバーホテル-----------------

・全館南向きで、海を臨むその景色はまさに絶景でした(´▽`)
・ちょっとホテル自体は古いんですが、それがまたちょっとした味に?
・エレベーターがめちゃ古いのにやたら高速、4階まであっというま・・・。
・部屋も景色が綺麗!純和室の落ち着いた感じの部屋でした。
・部屋には、海を眺めたまま入れるシャワールーム付!狭いけど。
・これで晴れてたらよかったのになぁ・゚・(ノ▽`)・゚・
・とりあえず、ひとまずビールで乾杯。飲んで疲れたせいか、速効熟睡したれい(笑)
・ご飯、夕食がバイキングだということで期待してむかうものの、どれも飯がマズすぎるっ(汗
・というか、サラダが一番美味しいってどーなんですか。
・脂っこいし、何より肝心の海産物が一番美味しくない。
・食事中に前方ででっかいゴキ様登場。飛んでるし。
・ウェイトレスがあわてて到着、スリッパで「たたき潰す」、ぉぃぉーぃっΣ(´д`;)
・ウェイトレスの服と、食堂がなんか小汚い・・・まるで、田舎のドライブウェーのレストランのような…。
・まずいとおもいながらも、もったいないので一応しっかりと食べる(笑)
・とりあえず、ひたすらげんなりでした_| ̄|○
・家かえって、はねトビをみて、少し笑って気分を癒す、バラエティ好きなうちの家(´▽`)
・食事があぁだったので、温泉も期待できないかなーと思ったけど温泉はグッドでした!

----------------------------------------------

そして、2日目は、あいにくの雨に見舞われ、どこにいこうか決めかねてたのですが、せっかく景色の綺麗な和歌山にきているのだから、ぶらっとしようということで、レンタカーを借りることに(´▽`)
一番安いグレードってことで、ヴィッツが該当車種にあったので、結構期待してたけど、借りれたのは、パッソ君でした_| ̄|○
ヴィッツのほうがよかったのに…・゚・(ノД`)・゚・

061123_1030~0001.jpg


でも、見た目はパッソ可愛いです。現行のヴィッツはあまり前が好きじゃ…(Vエンブ時代の1世代前のほうが好きでした)

とりあえず乗って思ったのが…広ってことでした!小さい割には、スッごく広く感じるというか…。
ヴィッツといい、見た目以上のこの快適さはホントさすが天下のトヨタ様、スゴイです。
ただ、やっぱりエンジンが1000ccしかないと全然走らないし、振動もすごいし…(´;ω;`)
あ、あと、スピーカーが前のほうだけしかない上に、音質もしょぼすぎて泣けました(笑)

なにより許せないのがタコメーター!!!なんで無いんですかっ!(怒)
最近の車は無いのが多いみたいですが、あれは納得いかなーぃっ!ヽ(`д´)ノ


まぁ、そんなこんなでパッソ君でぶらぶらしてきました。

潮岬とか綺麗でした(´▽`)
写真撮るの忘れましたがorz


まぁ、なにはともあれ、デニズマンが面白い旅行でした、以上(なんていうまとめ方!?)



以下チラシの裏

↓Open.

Comment:4 | Trackback:1 | Edit | Page Top.↑

2006年11月17日 [02:35] 【ツーリング記録帳】 

淡路島一周タンデムツーリング!

学祭が終わり、代休の月曜日に、マイミクの先輩2人(ぷぅこ先輩、雪肌先輩)と、
同級生の友達(りにあちょん、まり、デスさん)3人つれて淡路島いってきました。ヽ('ヮ'*)ゝ

天気にも恵まれて、かなり気持ちの良いツーリング日和でした(´▽`)

で、集合は9時西宮北口だったんですが、自分とりにあ含めて誰も集合時間にちゃんと間に合ってきてないこの、凄まじさ(笑)
これがO大学Iキャンパスクオリティ(´▽`;)
で、9時20分集合で、R43を使ってまりを拾いに三宮に行くんですが…

43混みすぎΣ(´□`;)

なんか阪神高速が工事とかで、いくつかの入り口が封鎖されているらしく、その高架下の43にその影響がモロにきてたみたいで…
というわけで、神戸市入ってすぐ43号線を脱出。
ここで、りにあ㌧andDサソのVTRチーム、ぷぅこ先輩and雪肌先輩のFusionチームは、山手幹線へ、れいは別行動で2号線を使い、三宮にまりを迎えにいったあと、西神戸有料道路の白川サイクルワールド前にてもう一度合流することに。
1.jpg

全員集合ヽ('ヮ'*)ゝ

かなりの渋滞で(43号線と2号線は合流するので、2号線にも影響が)、時間かかりそうだったので、単独行動の特権であるすり抜けを行って一気に三宮へ…。
アベレージゆわkmとか、昼間というか2号線で出すスピードにあらず(´ω`;)
なんか、急ぎすぎたせいか集合場所には、直でむかってたチームよりも速かったし…(爆)

そして、たこフェリーへ。
到着はちなみに予定のざっと2時間ずれ…(´д`;)
やっぱり10時現地集合とかのがよかったかなぁ…

P1021640.jpg


船着場にて。3台ともHONDAです。
しかも、シングル、ツイン、マルチとエンジン揃い踏み(笑)
空が綺麗です(´▽`)

2.jpg


いざゆかん、淡路へ…!

で、20分ほど、のほほんとフェリーに
3.jpg

船のデッキにて、ちょっと小休憩
4.jpg

思い思いの時間をすごしています、のんびりと(´▽`*)
061113_1219~0001.jpg


061113_1220~0001.jpg


船旅っていいですよね


そうこうしてるうちに、いよいよ淡路上陸!
今回は、時計回りに走破していきます。
途中ちょっと、道の駅の東浦にて休憩と、試乗会(笑)
061113_1304~0001.jpg

りにあっちのVTRに試乗中のぷぅこ先輩とそれを見守る雪肌先輩。
061113_1304~0002.jpg

こちらは、ぷぅこ先輩のFusionと、りにあっちandデスさん。
なんでこんなDQNごっこしてるんだかw
061113_1306~0001.jpg

CBの乗り心地はどうでしょうか?(´▽`*)


で、途中ちょっと遅くなりましたが、1時間30分ごろにてうどん屋さんにて昼食。
そこの名物がきつねうどん(びっくりきつね)っていうので、頼んでみたら…

061113_1357~0001.jpg


でけぇ!!Σ(´□`;)

ってか、麺が見えない!!(・ω・;)
見ただけでは、揚げだけしかみえないですがうどんも量があって700円にしてはお得でした(´▽`)

6.jpg

5.jpg


みんなご満悦(´▽`)
7.jpg

こら!照れるなっ!(笑)

おなかもいっぱいになったところで、洲本から、由良方面の最外周ルートをつかって、水仙郷を通っていきます。
ここいらから、車がやっと1台通れるような狭く、そして勾配も六甲山以上で、低速コーナーの連続、かつ極めつけには悪路という最低のコンディションの場所が続きます…(汗)

もはや、ツーリングというよりは、サバイバル…。

必死に走破するうちたち。
しかし、微妙に景色がきれいなので、結構楽しんで走っていると…
うちたちの前に謎の施設が登場する…。


その名も

謎 の パ ラ ダ イ ス


怪しすぎる!!!(汗)
とりあえず、一度止まって、立ち寄るかどうかを相談していると、ドライブインから、おばちゃんがでてきて、入園するかい?とたずねてくる。
とりあえず、入館料が500円ということで、まぁ、ネタ作りにはいいんじゃない?っていうことで、みんな入ることに。

しかし…このチケット。

 1 8 歳 未 満 入 園 禁 止 

とか書いてあるんですが…(汗)

「何故っ!?」とかいいながらも、騒ぎながら入っていく一同…。
とりあえず…
えぇ、突っ込みどころ満載でした。

P1021644.jpg

全景、ちょっとこざっぱりしてますね。

P1021648.jpg

謎のオブジェクトが多数…怪しさ満点。

P1021645.jpg

一体何なんでしょうコレ。カプセル部屋にしては吹き抜けですしね…。
でも、ちゃんと照明まであったので、一応部屋なんでしょうか…。

P1021646.jpg

Σ(´□`;) !?

P1021650.jpg

あんまり何のありがたみも無い神社。

P1021652.jpg

まぁこんな謎の場所でも一応花の名所…。

061113_1627~0001.jpg

水仙綺麗でした(´▽`)
といっても、ちょっと時期が早くて、2,3咲いてるだけでしたが…。


ちなみに、館内はとてもじゃないけれど、撮影して紹介する気にはなれなかったので、とりあえず入り口だけ…。
8.jpg

こんなところでした。


とりあえず謎のパラダイスのポイント


・まず行くまでがデンジャラス(命的に)
・行ってからもデンジャラス(精神的に)
・坂道激きつい タンデムなら死ねます おばちゃんの言葉を信用するべからず
・さびれてます、ボロイです、えぇ
・怪しさ満点、突っ込みどころも満点
・やっつけ気味に犬とサルがいます。かわいいけど、やっつけぎみ。
・ひたすらTV番組に取り上げられたことをアピールされてる。
・景色は綺麗です、水仙も綺麗です
・ただそれをぶち壊すのが謎のオブジェクトの群れ
・そして、卑猥すぎる館内…真面目なんでしょうが卑猥すぎ。
・その手の勉強がしたい人にはオススメ
・素人にはオススメできない
・その手が嫌いな人には地獄、うちは吐き気した。
・下ネタスキーと、まじめにそういうことを勉強したい人はぜひ。

P1021642.jpg

ご満悦?なVTRチーム(笑)



で、謎のパラダイスを出るとすっかり、日は沈み、夕暮れの海岸線を目指す。
道は険しく、かつ迷いやすいようなややこしく細い道路で、何度もマップを見直したりもしましたが、何回か行き止まりだったり、同じな場所に戻ったりすることが何回か…(汗

そうこうしてるあたりにすっかり日は沈み、夜へ…、寒いっ(汗)
ていうか、まだ半周いってないのに…ってことで、なんとかルートを検討して南下するメンバー。

そして、ついに鳴門海峡に到着!
061113_1833~0001.jpg

道の駅うずしお

四国だー!とかいって騒いでました^^

主に、まりとれいが(笑)
さらに喜ばしいことは続き、りにあのなくしてた郵便局のカードも無事見つかり、良いこと続きでした^^v
道の駅うずしおは、もう閉まっていましたが、鳴門岬から見る、夜の鳴門大橋は感動的でした…。
写真とってないけど(爆)
今度は明るいときに、渦潮を見にきたいな~。

で、いよいよ半周しきったところで、雪肌先輩の帰宅門限に間に合うかどうかちょっと微妙になってきたので、一同は西側の海岸線沿いを一気に北淡に向かって爆走!
信号がないから一気に走りきれる分、速く移動できるけれど、そのぶん疲労度もかかって…(汗)

途中、Dさんと雪肌先輩を乗り換えたりして、コンディション管理しながら走りましたが…
過酷スケジュールでごめんね、Dさん(汗
ちょっとスケジュール的に最後は余裕がなかったからなぁ…反省。

で、夜の淡路なんですが…


キレイすぎるんですよ!


明石海峡大橋がライトアップで迎えてくれるし、淡路SAのライトが凄いキレイだし、本州が明かりで光輝いてるのが見えると「あぁ、もうすぐゴールだ!」って思えましたネ

そして、無事1週達成し、たこフェリーで明石に帰還!
みんなフェリーの中ではぐったりでした…(笑)
さすがに、お疲れでしたねぇ…。


で、一応明石にて解散。Fusionチームは、一足お先に自宅へ帰宅。
で、残りの同級生組みは、龍の湯というスーパー銭湯の食堂で遅めの夕食をとりました(´▽`)
ここのオススメはこの鮭茶漬け。

P1021656.jpg

350円です。安くて量あってウマー(´ω`)
是非明石お立ち寄りのさいは食べてみてください。


で、そのあと、まりを送りに西神、そして最後にDさんを送りに、りにあのスカイラインで宝塚にいって、最後にりにあと、うちが家に帰って無事全員帰宅となりました。なんとその時間AM2;30…(爆




まぁ、ということで、全員が無事初めての淡路島1週ツーリングを経験、かつ無事に達成することができました(´▽`)
初めてのタンデムツーや、大学仲間でのツーでしたが、楽しかったですね~。
また、是非やろうと思います^^
ちょっと、今回はスケジュール的にかつかつでしたが、またゆとりを作っていきましょう(´▽`)
では、最後に、参加してくれたりにあ㌧、まり、Dさん、雪肌先輩、ぷぅこ先輩、本当にお疲れ様でしたヽ('ヮ'*)ゝ

CA280010.jpg



物足りないかもしれませんが、以上でレポートとさせていただきますm(_ _)m

Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年11月07日 [15:25] 【バイク関係日記】 

親子ツーリングその2!

この間の金曜日、父親の早朝ツーに無理やり連れ出されて、淡河→東条→淡河→呑吐→西神農業公園→ひよどりっていうちょっと中距離ツーリング楽しんできました(´▽`)

今回2人だったんですが、普通にハイペースなこの親子のツーリング…、アベレージ70km(笑)
ていうか、元オフ車乗り+ラリー屋な、父は低速コーナーだったり、悪路だったりも余裕しゃくしゃくっぽい。
普通に良いペースで走ってきます…、良いライバル出現(笑)
なんか、淡河にいたっては、車で何度も(仕事で)通ってたらしいんで、ハイテンポで走ります…。
ちょっと、素直に「やるな、父っ!」って思いました(笑)
 
ホント仲良い親子なんでしょうねぇ…元はというと、車やバイクも好きになったのも、「父親と会話してみたい」ってところからはじまりましたからねぇ…。
えぇ、ほんと自慢の父親です、こういう人になりたい。

で、ついでに呑吐いってまったりもしてきました。
さすがに、誰も知ってる人はいませんでしたね、時間帯的に^^;
でも、昼間のんびりと、親と過ごす時間も悪くないなぁ・・・とか思いました(´ω`)

最近寒くて夜出る気しませんしね^^;


061103_1105~0001.jpg



東条湖にて、マイパパン


061103_1201~0001.jpg



親子でCBin呑吐


061103_1201~0002.jpg




やっぱり、SPECⅢはこの角度が激しくカッコイイ!!

Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年10月29日 [01:26] 【バイク関係日記】 

CB400弐号機[SF]ロールアウト!


というわけで、我が家にCB400の弐号機がついに来ました(´▽`*)

ちなみに、これはうちのセカンドバイクとかではなく、父親のです。

微妙には、何でも良いから父親に別のバイクをかわせようとしてたんですけど、いつの間にか結局NC39、しかもSPECⅢで、おそろいに…(´▽`;)

青にゴールドホイールのかなりイカした車体です!
青金ってやっぱいいよ~(*´ω`*)
なんか、「インプレッサ WRC」を彷彿とさせるし!

思いっきりそういう系にしたいのはしたいんですが、父親のものなんで勝手にはできず(´・ω・)
あぁ、せめてステッカーチューンドぐらいさせて…!!!(涙)

にしても、この弐号機、何気にクリアウィンカーつきなんですよね…頂戴ー・゚・(ノД`)・゚・



で、コノ間の日曜日、友達のりにあも巻き込んでツーリングいったんですが、ビックリした。


山道速いよ、父!Σ(´□`;)


渋滞のときは、きっつーとか、へろへろした動きしてたのに、車1台がやっと通れるような峠道や、ワインディングロードにはいった瞬間、まるで水を得た魚のように、良いペースで走っていく父親。
しかも、気づけばりにあを置き去りにしていってるし…Σ(´□`;)

りにあ、親子揃ってCB2台で置き去りにしてホントごめんなさい_| ̄|○


252280482_71.jpg


弐号機、でも、初号機のほうが装備豪華な謎…w

252280482_228.jpg


まいぱぱん

252280482_42.jpg


CB2台とVTR1台で笹山にて。

Comment:4 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年10月11日 [18:57] 【CB400R-Seraph-格納庫】 

アンダーカウル装着!

はい、一部ではもう知られてますが…


アンダーカウルつけましたヽ('ヮ'*)ゝ

今回は珍しく、もう露骨にカスタムしました!っていう感じのデザインになっちゃってますw

ほとんどの人にすぐアンダーついてる!って言われましたね…(´・ω・`)
唯一、うまくかかってくれたのはけんちゃんのみw


本当は、アンダーカウルも、ボディと同じキャンディブレイジングレッドにして、白抜き文字でもいれようかとおもってたんですが…塗装がめんどくさいので、白のままやってみても、「あぁ、なかなか悪くはないかも」
って思いそのまま、いつものステッカーチューンドで装着。

これを1万円でゆずってくれたSPECⅡとうちのボルドールでは若干構図が違うらしく、エキパイ部を若干削ったりして加工して無理やりつけました…(´▽`;)
まぁ、ちょっと前に出てる2番(左内)シリンダーのエキパイの部分を少し削るだけですみましたが…。

効果的には…ただのドレスアップかとおもってたけれど、100kmオーバーの直進安定性が結構向上してますね。
前のオーナーから、変わるとかいわれてたんですが、内心信じてなかったんですが、高速乗ると全然扱いやすさが違いました(汗


IMG_0114.jpg


父親と一緒に試行錯誤しながらつけたところ、撮影母(笑)
正直一人では諦めかけてたんですが、父が助け舟だしてくれました・゚・(ノ□`)・゚・
いやぁ…さすが、それにくらべてまだまだうちは駄目だなぁorz

IMG_0126.jpg


実際つけた感じ。
後付感はありますよねぇ…露骨に色違うし(´▽`;)
でも、決してかっこ悪くはないから、個人的には気に入ってます。
もうちょっと構想練ってから、ステッカーチューンドを増やす予定だったり…。
後付感は、なんか今回はこれで良いかなとか思ったり。
というのも、ひとまず、カスタムの方向性というか、最初から描いてた「理想のCB400」に近づいたんで、マフラーしかり、足もしかり…。
ただのボルドールではない、CBでありながら、さらにボルドールとも違う別のバイクへの進歩。
そのためにも、このカウルの純正ぽくない存在感はいいのかもしれません。
「ボルドール」からの、さらなる進化への第一歩を踏み出した記念として…

IMG_0122.jpg


りにあが最近買ったVTR250と一緒にとった写真です(´▽`)
どう!?めっちゃカッコイイでしょ?!
VTと、CB、HONDAの名ネイキッド2機の競演って感じで(*´ω`)
CBもVTRもかっこいいよ~、はうはうはうっ!(何

Comment:3 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。